国産と外国産の違い

外国のほうがドッグフードに関しての安全基準が鋭く設定されているため、原料、添加物などに関して敢然とルール化してある。
そのため国産のドッグフードより、外国産のドッグフードの方が品質は高いはも多いです。
日本でドッグフードに関して安全基準の整備が始まったのは2008年と随分のろいだ。
そのため外国に比べてまだまだ不十分で、海外では禁止されてある添加物を日本では使用できるといった例もあります。
一般的にみると外国産の方が著しい基準の中、品質のいいドッグフードを作ってある。
しかし国産のものがすべて外国産のものに負けるのではありません。
国産のドッグフードにも、無添加のドッグフードを製造しているメーカーもあるからです。

外国産のドッグフードには大きなトラブルがあります。
それは輸入やるということです。
外国産のドッグフードは、添加物や栄養素など様々な点に配慮して作られているものもたくさんあり、日本国内でも人気のドッグフードとなっています。
しかし輸入やるものは、海外から日本へ輸送される経過が問題となります。
コンテナに詰めて長距離を船で輸送されてくるのですから、夏場などの炎天下においてはいとも品質の劣化が心配です。
そこでQCのために酸化防止剤を使うものもでて来る。
また輸送管理のモラルの乏しい業者だと、雨が降ってもドッグフードの入ったコンテナを雨にさらした状態で出港を待つ場合もあります。
グングン輸送の際に気圧で袋が破損しないように幼い穴を袋に開けていたり、日本に着いてから埋め込みなおししたりする業者もあります。
このようなことから日本国内の工場で製造されたドッグフードより品質が劣化している可能性が高いのです。

外国産には、並行輸入品もあります。
これは正規ルートではない他のルートで来る商品で、正規輸入品よりも並行輸入品の方が安く販売されています。
しかし価格が短いからと言って並行輸入品に飛び付くのは危険です。
正規品を写したものやQCがずさんなものである場合が多いです。
安全基準のしっかりとした品質の良さから外国産を選ぶのであれば、結構値段が高くなっても正規輸入品を選ぶようにしましょう。

安心しておすすめできる国産ドッグフードをランキングにてご紹介します。

1位は「PRIMO(プリモ)」。
国産ドッグフードとしては物珍しい第一主原料に肉によって掛かる動物性素材を中心としたドッグフードだ。
本来肉食の犬によって作られた、肉が多めのドッグフードだ。
第一から第五主原料まで全部動物性素材なので良質なたんぱく質を摂ることができます。
無添加なので安心です。

2位は「TASHIKA(タシカ)」。
兵庫県で製造されてあるドッグフード、主な原材料として鳥獣害駆除した鹿によってある。
無添加だ。
鹿の肉は牛肉、豚肉よりも低カロリーで高たんぱく、鉄分も多くなってある。
肉食の犬にぴったりのおすすめのドッグフードだ。

3位は「ドットわんごはん」
原材料の原産地まで細く公開している安心感のあるドッグフードだ。
山形県産の玄米を用い、三重と和歌山県産の鶏胸肉、北海道産の海藻類など厳選素材によってある。
第一主原料は肉ではなく穀物ですが、玄米によっているので消化も思い切り栄養価も高いものです。
無添加なので安心です。

4位は「ナチュロルドッグフード」。
国産で高品質な無添加のドッグフード。
総合栄養食としての基準もクリアしていらっしゃる、栄養バランスに優れたドッグフードだ。
長期的に食べるのに安心です。

5位は「ビッグウッド」。
国産のドッグフードの中で物珍しい、人間が口に入れても適切大きい安全基準をクリアした高品質な商品だ。
主要原材料については、産地を断然確認できて安全性が高いだ。
製造方法にも工夫をしていて、素材の栄養素を破壊しないで調理してある。
原材料の全部が国産なわけではありません。参照サイト