青汁の原料のクマザサでお茶を作ってみませんか?

青汁の原料として使われているクマザサ。
日本では昔からお寿司の下に敷いたり、傷ややけどに使われたりしてきた、日本人にはどうにも馴染みのある植物だ。
こういうクマザサ、見た目より、はるかに優れものの植物なのです。
豊富な栄養素が含まれていますし、耐性を上げる成分も入っています。
ですから色々な効能があるので、青汁の原料としても人気なんですね。

そのクマザサを使って、自分でクマザサ茶を作りあげるのはいかがでしょうか。
素晴らしい健康茶がつくれますよ。
クマザサ茶の効能はかなり沢山あるのですが、例えば、コレステロールや血圧を押し下げる、胃腸病の改善、便秘、抗がん作用、動脈硬化の予防、等々、あげればきりがないかもしれません。
ではどのように作ればいいのでしょうか。

とりわけクマザサを採取する必要があります。
図鑑やインターネットで、クマザサの写真を見ましょう。
単なる山なら、大体探し出せる植物だ。
出来るだけ初々しい葉をとった方がいいですね。

採取してきたら、葉を水できれいに流します。
両面を丁寧に思う存分洗浄して下さい。
すすぎ終わったら、ハサミで細く切ります。
それをざるや、メッシュの袋に入れて、UVを防げる場所で、陰干しにします。
大体10日間くらいで、すっかり乾燥します。

これで完成ですが、前もってお茶ですからフライパンなどで炒ったほうがますます香ばしく上手くなります。
炒るときのポイントですが、かなりの弱火で、ひたすら炒ります。
焦げてしまうとせっかくのお茶が台無しになってしまいますよ。

飲み込む時は、やかんで煮出して飲みます。
煮出したほうが、クマザサの栄養分が十分溶け出していただける。
弱火で5分くらい、煮吐出しましょう。
きれいな若草色のお茶が出来上がりますよ。

グリーンスムージーでダイエットするのが流行りになっていますよね。
有名なタレントさん等がこの方法でダイエットに成功したとか聞くと、グリーンスムージーでダイエットしたくなるかもしれません。
でも、これでダイエットしようと頑張ったのに、ぜんぜん痩せなかったという人もいるようです。
なんで痩せなかったのでしょうか。

グリーンスムージーは葉野菜と果物、水をミキサーにかけて作り上げる飲み物だ。
その果物の量が結構多いと、ダイエットになりません。
葉野菜4に対し果物6の割合で作ると、美味しくて腹持ちの良いものになりますが、嬉しいからと言って、8割近くを手緩い果物で作ってしまうと、カロリーが高くなってしまう。
バナナやりんごが適していると言われていますが、ひときわ甘味の手強いものは断じて入れない方がいいかもしれません。

また、朝食をスムージーにする入れ換えダイエットが主流ですが、普通はそれだけでお腹が凌げるのですが、中にはぜんぜん物足りないという方もいるかもしれません。
それでひとりでに他の物も食べてしまうということになります。
スムージーは流動食のようなものですから、噛まずにいっぺんに飲んでしまえるのですが、出来たら、噛んで呑むようにして、ごっそり飲まない方がいいでしょう。
その方が、食いでが得られます。

また、スムージー以外の食事は、栄養の偏りがないもので、脂質の少ないものにした方がいいですね。
スムージー以外の食事がカロリーの少ない野菜ばかりですと、代謝終わるので、やせがたくなります。
タンパク質も腹一杯取り去れる、和食がいいかもしれませんね。引用